物件の写真撮影を外注しようかとお考えの方、色々な撮影会社があるので迷ってしまうのではないでしょうか。

本記事では、アイデアルと他の物件写真撮影会社を比較した上で、アイデアルの強みを紹介させて頂きます。

「どの会社へ写真撮影を依頼しよう」とお悩みの際にぜひご一読頂ければ嬉しいです。

もしかしたら、そもそも撮影代行会社へ依頼するかお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は、ぜひ「物件の写真撮影を外注するポイント」の記事もご覧ください。

 

物件写真撮影会社とアイデアルの比較

会社 料金(税抜き) クオリティ 編集 納品日数(撮影日より)
P社 30,000円〜 〜5日以内
W社 25,000円〜 〜7日以内
F社 22,500円〜 7日〜10日以内
S社 18,000円〜 〜3日以内
H社 2,500円〜 〜4日以内
T社 2,500円〜※1 無(別途編集料) 〜5日以内
アイデアル 1,800円〜※2 〜2日以内

※1 月50件以上の撮影時/1部屋のみの撮影は4,500円〜 ※2 月40件以上の撮影時/1部屋のみの撮影は5,000円〜

物件撮影料金

物件撮影の最安価格を基準に記載しております。

これだけ料金に差があると、「高い料金の会社がより良いサービスを提供している」と考えがちですが、実際はそうとも限りません

サービスの内容は後ほど詳しく記載しますが、高い理由としては、『撮影以外に費用が多く掛かっているから』というケースが多々あります。

それは例えば人件費や広告費等の固定費です。

それらが掛かってきている分、どうしても撮影料金が上がってしまう傾向があります。

アイデアルの場合は、各プロカメラマンと完全業務委託となっておりますので、人件費は社員として雇用するよりかなりコストを抑えられております。

また、広告費もあまり掛けていない為、月額の撮影料金をかなり抑えることが出来ております。

アイデアルの料金体系はこちら

物件写真のクオリティ

もちろん、アイデアルの物件写真はどこにも負けていないと考えていますが、一般的な物件写真と比較すると、ほとんどの会社は写真のクオリティ自体は悪くないかと思います。

アイデアルの特徴としては、代表が元不動産会社で営業していた事により、「どのような写真が現場では求められているかが分かる点」が挙げられます。

経営者は現場で働いた事がないから…と良く言われますが、それは写真にも似たような事が言えます。

写真のクオリティが高いという点と、実際に現場で求められる写真は違います。

一般的な物件カメラマンはレインズやatbbを見る事なんて無いですし、物件写真を見せながら接客した事なんてありませんよね。

現場の経験があるだけで、「この写真は接客中に使えそう」「この角度があるとレインズ等に載せた際に業者からの受けも良さそう」という事がわかります。

逆に、現場の経験が無いと、上記のようなイメージは出来ないので、「ただ綺麗な写真を撮影する」だけにとどまってしまいます。

アイデアルの画像ギャラリーはこちら

物件写真の編集

ほとんどの会社が編集料込みの価格にて提供しております。

編集とは「明るさ調整」や「色味調整」が主となり、PhotoshopやLightroomにて行っております。

アイデアルの編集詳細にこちら

納品日数

会社によってかなり変わりますが、アイデアルとしては、出来るだけ早めの納品を心がけております。

撮影から原則2日以内に納品を謳っておりますが、実際は撮影日当日〜1日以内の納品が多いです。

特に賃貸物件の場合、撮影した物件に申し込みが入ってしまう可能性も考えられますので、納品はスピード勝負と心得ております。

せっかく撮影の代行を依頼頂いたのに、新しい写真を各ホームページに掲載する前に他社にて申し込みが入ってしまうと悲しいからです。

(もちろん、当該部屋が再募集や別部屋の参考写真になる可能性もありますが、早いに越したことはありませんので)

物件撮影会社の料金の差はサービスに関係ある?

最後になりますが、「料金が違うからサービスに差が出るのではないか」という疑問について、弊社なりの考え方をまとめます。

結論からお伝えしますと、弊社としては『ほとんどない』と考えております。

前述した通り、料金の差は「人件費」や「広告費」に影響されている可能性が高いです。

物件の撮影を依頼するお客様の目的は、

① 写真撮影の手間を省きたい

② 自社では行えない、綺麗な物件写真が欲しい

のいずれか2点ではないでしょうか。

サービスに差が出るとすれば「 ② 綺麗な写真 」を撮影出来るか否かとなりますが、一専門会社で行っているのであれば、綺麗に撮影出来て当然です。

また、撮影枚数に制限有り・無しの違いもありますが、制限有りの場合でも、15枚程度と記載があれば問題ない事の方が多いです。

物件の撮影は基本的にものは動かないので、動物のように様々な表情や動作を撮影する必要がない為です。

アイデアルの場合も、原則として納品目安枚数はありますが、各所漏れが無いように撮影しておりますので、お客様から「思ったよりも納品数が少なかった」「写真が足りない」と指摘された事は一度もございません。

撮影代行会社のサービスとしては上記2点ですので、その2点が問題なければ後は料金や納品速度、編集の有無等によって総合的にどの撮影代行会社へ依頼するかを決定するのがベストかと思います。

ちなみに、一般的なプロカメラマンにお願いするのはあまりオススメではありません。

詳細につきましては、こちらの記事にてまとめておりますが、不動産・物件の撮影は専門の撮影会社へ依頼頂くのがベストだと考えます。

 

自社の案内となってしまいますので、言い過ぎも良くないとは思いますが、弊社のどのプランも非常にコストパフォーマンスの高いものですので、ぜひ弊社もご検討頂けますと幸いです。

特に月40件以上まとめてのご依頼で一件1,800円というのは破格中の破格だと確信しております。

ご不明点等ございましたらお気軽にこちらよりお問い合わせください。