物件写真の編集方法

合同会社アイデアルでは編集作業にも力を入れています。

本ページでは、どのような編集が可能なのかを簡単にご説明致します。

ケース①・②については、無料でご対応しております。

ここでご紹介する編集作業は撮影料金に含まれております。

※一部、より高度な編集(編集に時間が掛かるもの)に関しましては別途費用が掛かる場合がございます。

詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

【ケース① 写真の明るさ・色味を調整する】

まずは一番行う編集作業からご紹介致します。

外が暗くなっていたり、ライトが弱かったりすると、どうしても室内の写真は暗くなりがちです。

撮影する際は一眼レフにて露出調整もするもののの、室内を明るくしようとし過ぎると、今度はクロスやその他の部分が白飛びしてしまい、編集でも不自然な写真が出来てしまいます。

そうならないように、あえて少し暗く撮影して、後に編集して明るさを調整する事が多いです。

例としては以下のような写真です。

編集前写真:LDK
編集前写真

撮影構図は良いものの、このままだと室内が暗いままなので少々残念な写真になってしまいます。

このような場合に明るさ・色味を調整すると、

編集後写真:LDK
編集後写真

このように非常に綺麗になります。

同じ構図だとしても、明るい写真の方が圧倒的に印象が良くなるのがお分かり頂けると思います。

【ケース② 鏡に映ったカメラマン類を消す】

数多くの編集をしておりますが、この編集が一番多いです。

まずは以下の画像をご確認ください。

洗面台(カメラ有)
編集前写真

良くある写真です。

どうしても綺麗な写真を撮影しようとすると、角度的にカメラや自分の姿を鏡に写さないといけない事が多々あります。

しかしながら、カメラ等が写っていると、どれだけ角度が良く綺麗に撮れていても、写真としても完成度は低いものとなってしまいます。

そこで、アイデアルでは編集を前提として「綺麗な角度で撮影する事」を最優先として撮影し、その後編集でカメラ等要らない部分を消しております。

編集した写真が以下のようなものになります。

物件3:洗面台
編集後写真

このように綺麗に消すことが可能です。

ここまでは撮影料の中に含まれている編集オプションとなります。

これだけでも十分ですが、さらにご希望のお客様にはケース③のような編集も承ります。(有料となります)

【ケース③ 写真に必要の無い備品類を消す】

こだわる写真が必要な場合、気になる障害物がある場合は、不要な備品類を編集で消す事が可能です。

※有料での対応となります。(編集量によって異なりますが、1枚辺り800円〜2,000円程となります)

不動産・物件・撮影代行
編集前写真

これはこれで綺麗な写真ですが、よくよく見ると左右真ん中に少し邪魔なものが写っているのがわかるかと思います。

このような中途半端に写ってしまっているものは、見ていても「綺麗」とはなりにくい為、消してしまいましょう。

もちろん、お客様によって「残して欲しい箇所・消して欲しい箇所」が変わってきますので、こちらで勝手に編集する事はほとんどありません。

編集で消すと、以下のような写真になります。

不動産・物件撮影・編集後
編集後写真

いかがでしょうか。

「編集前写真」と「編集後写真」を比べると、よりスムーズに廊下の情報が入ってくるかと思います。

左右にある机は、場所によっては動かすことが出来るかもしれませんが、真ん中にあった木の棒は動かせないものですよね。

でも、その棒があるだけで一枚の写真としての完成度が落ちてしまうとしたら非常に勿体無いことだと思います。

そんな時にこのような編集をして、写真上だけでも消す事が出来れば非常に良いですよね。

もちろん、消していいものと邪魔だけど消してはいけないもの(情報としてお客様へお伝えしないといけないもの)あると思いますので、要注意が必要です。

アイデアルでは、主に計3パターンに焦点を当てて編集しております。

「この電柱は消せないか」「通行人を消せないか」等ご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。