多くの不動産業者は、スーモやホームズなどのポータルサイト(検索サイト)を利用しているかと思います。

色々な不動産業者様とお話していく中で、同じ物件を載せていたとしても、「反響が多い業者様」「反響が少ない業者様」それぞれあることを改めて実感しました。

今回は反響少ない業者様の共通点にフォーカスを当ててみていきましょう。

「反響が多い業者様」と「反響が少ない業者様」の違い

それは『ポータルサイトを見ている人(物件を探している人)が何を求めているか』を考えれば自ずと答えが出てきます。

ポータルサイトを見ている人が求めているもの、それは『物件の写真』です!

つまり、物件の写真反映が多い業者ほど問い合わせが多く、物件の写真反映が少ない業者ほど問い合わせが少ない傾向があるということです。

いやいや、でも本当なの?とお思いの方も多いと思います。

不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)が行ったアンケート結果を見ていきましょう。

※RSCというのは、不動産情報サイトを運営する事業者が、より活用しやすい情報提供方法・システム等のあり方を研究・構築していくための様々な事業している団体です。

 

『問合せや訪問を行う際に不動産会社を選ぶ時のポイント・気にする点は』

 

 

「不動産情報サイト利用者意識アンケート2018年版」 調査結果より

物件を契約した人を対象にしたアンケートになります。

このアンケート結果を見てもわかるように、売買にしろ賃貸にしろ、一番重要視しているのは『写真』なんです。

特に売買の場合は「写真の点数が多い」だけではなく、「写真の見栄えが良い」も堂々の3位に入っております。

それはそうですよね。

「どこを写しているかよくわからない写真や伝わりづらい写真を掲載している業者」よりも、「しっかりと綺麗な写真を掲載している業者」の方が圧倒的に信頼度が増します。

賃貸では「写真の見栄えが良い」がランクインしていませんが、例えば一般媒介で同じ部屋を募集するにあたり、募集をかけている業者が2社あったとします。

どちらも写真の枚数が20枚と非常に多い場合、その次に真っ先に比較対象になるのは『写真の綺麗さ』ですよね。

同じ物件を撮影しているのに、写真の綺麗さで差がついてしまえば、もうそのお客様は写真の綺麗な業者に心を奪われるに想像は難くありません。

 

また、上記以外でも興味深いアンケートがあります。

『物件情報を探す際に必要だと思う情報は?』

「不動産情報サイト利用者意識アンケート2018年版」 調査結果より

 

こちらも物件を契約した人を対象にしたアンケートです。

不動産情報サイトで物件を探す際に必要だと思う情報のトップは物件種目を問わず「物件外観の写真」となってます。

ちなみに、このアンケートは「どこの写真が一番見たいか」ではなく「物件情報を探す際に必要な情報」という点をご理解頂ければ、どれほど写真が効果を示すかお分かりいただけると思います。

これを見るだけで、ユーザーがサイトに掲載されてい る「写真」をいかに重視しているかがわかりますね。

反響を得る為に、物件写真を意識しましょう!

写真の大切さはわかったけど、綺麗に写真を撮る技術も時間も無い、、、。という不動産業者様の為に、撮影代行のアイデアルがあります!

洗練された撮影技術を持って、高クオリティの写真を安く、早く提供致します!

1件からご依頼を承っておりますので、ぜひ一度お問い合わせ下さい!

お問い合わせを心よりお待ちしております。